スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロックしてノーグゥ

回復期のリハビリテーションについてたまには書きましょう。

理学は大体午前、作業は午後からでした。

理学の定番は血圧測定、頭上げとお尻上げから始まりマッサージ、装具着用、杖使用でリハ室歩行です。その他カラーボックスを支えにして裸足で正常な足の出し方をセラピストが手を添えてラーニングもやったことが数度。
数ヶ月これの繰り返しでした。

ですが、一つ大問題が出てきました。

直立していても数度は膝が曲がっているものです。

麻痺足を後ろに蹴りだして前に進むのですが、麻痺の為正常な膝の曲がりの余裕を保ちきれず一番蹴りだした時に膝裏の靭帯が限界まで伸びきり、さらに骨と骨がかみ合う感じがして足を前に出そうとするとかみ合った骨が外れる時に「ガクン」となり膝にかなり負担がかかります。

理学のU橋君から「反張」だと教えてもらいました。または「ロック」
このロックが直らないと裸足で歩けないのです。

しかし、ダブルクレンザック等装具でふくらはぎをサポートするとロックが起きません。

その後、しばらくダブルクレンザックで歩行を訓練することになるのです。

とはいっても、一般に思われるような歯を食いしばっての訓練とかは一回もせずのほほんとしたものでした。

これは自分の障害が歩行に関しては軽いということもあったでしょう。
左手は現在でも廃用です。作業のリハビリうけた?い! Z子タ?ン!

           にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。