スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

腹鳴りレーザー

今さんま御殿見てるとどっかで見た人が出てる。誰だっけかなぁと思ってると「おお!」「ポンッ!」(膝を叩く音)理学のU橋君だ。といっても本人が出ているわけでもなくザ、タッチにそっくりなのに今気づいた。(数ヶ月も一緒にいたのに)

今日は2回目の歯医者。歯医者屋さんまでは1kmトコトコ歩くわけですが、リハビリにちょうどいいくらいの距離です。

前回の教訓を踏まえ折りたたみ椅子持参です。(ISPACKはNETで稼いでから買うことになりました。物販ブログ追加しました。)

ちょっと低い感じがしたけど無事靴は脱げました。

予約していたので「らんま1/2」を数ページ読んだだけで呼ばれてしまいちょいと残念。

案内されて椅子に座らされて先生にチェックしてもらい指示だけして実際の治療は妙齢の女性の方がします。(白衣を着ていないので助手の方?)

上の左右の奥歯に詰め物をするみたいですが、ちょいと珍しい治療をします

。そこで出された紙はレーザー治療の承諾書です。興味津々でサインをして説明書を見るとほとんど削らずに痛みも無く治療できるらしい。自費負担消耗品代として500円

防護めがねをかけられて、さらに口だけ出した布をかけられて治療開始です。

「ブィーン」と重々しい音がしてレーザー発生器がウォームアップします。

口を開けられてノズルを入れられ「いちご牛乳」が薄まったような味の液体が出てきて、その後「バチバチ」と静電気のような音が断続的にします。

思うにトンネル工事の時に穴を掘るのと同時に壁面にコンクリートを拭きつけ補強していく工事と同じことをしているのだと思います。

レーザー治療が終ってうがいをすると白い液体が出ます。やはり「いちご牛乳」です。

充填治療もやり最後にルーターで研磨するわけですが、昼も近かったので女性のお腹が「グーーー」と鳴りおかしくてもルーターが口の中で高速回転しているわけですから笑うに笑えません(その前に大変失礼です)

一回だけならいいのですが数回鳴り拷問のようでした。

入院中に笑いやすくなってしまったようです。
スポンサーサイト

COMMENTS

こんにちわ^□^またみにきちゃいました。
思わずコメントしちゃいます♪
また見に来ますんで更新がんばってください。

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。