スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エアコンが冷えなくなったときの応急処置法

毎日暑いですね。

こう暑いと思いだすのが工場相手に営業してた時のエアコンの故障
この時期になると工事の人も予定ギチギチですぐには来れず
さらに交換ともなると在庫も不足な時も多く、何といっても相手先の予算取りが必要で
営業がその場で何とかしなきゃいけない場面も多いのです。
3流営業の悲哀ですが・・orz

まず第一条件が少しでも冷える事、ガスが抜けきっていたならどうしようもありません。
室外機を中に入れて風を当てる位しか出来ませんね>そんな人いませんが

ちょっとでも冷えていたなら
直射日光に室外機が当たっていたら日陰になるように屋根をつける。
(これは設置時のミスとも言えますけど)
そして一発カンフル剤の室外機のアルミフィンに水をかける。
これでその場しのぎ位はいけます。

ただしファンモーターや大体向かって左側にある基板にはかからないようにするのが大事です。
給水ボトルキャップシングル(ウォータ...

給水ボトルキャップシングル(ウォータ...

価格:780円(税込、送料別)


これ応用できないかなぁ


正常動作のエアコンでもペットボトルで点滴のように給水できるようにしたり
参考
http://www8.plala.or.jp/toms/diy/kyuusui02.html
エアコンの排水をフィンにかけるようにすると少しは省エネになると思います。
(メーカーで採用してくれないかなぁ)

自動車のエアコンでも排水をキャッチタンクにためてウォッシャー液のように
ラジエーターに吹きかけるシステムがあったら燃費がよくなりそう。
ただし冬になると凍るのでバルブをつけてタンク⇔排水の切り替えも必要だけど

リハビリ ブログセンターにほんブログ村 病気ブログ リハビリテーション人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。