スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

車いす少女が中学校に通えた

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090703-00000543-san-soci

現場の受け入れ態勢もよさそうですし
念願がかなってよかったですね。


でも実際問題、玄関の昇降口の段差からはじまり
教室までの階段、トイレの車椅子用への改造してるのか
各教科の教室への移動などの数々のバリア


これをどうクリアしていくのか
同じような境遇の方のモデルケースとして公開してほしいです。


設備費を大量に掛けるとなると
健常者の生徒の父兄からクレームが来ることもあるでしょうが
それが無いと出来ない子への思いやりも持ってほしいです。


またちっぽけな
優越感を満足させる為にいじめもあるでしょう。

これは明花さんが
どの位味方を作れるかにかかっています。

大変なのはこれからです。
がんばれーーー!

引用Yahoo!ニュース

 身体障害のため車いすで生活しながら、地元の奈良県下市町立下市中学校への入学を希望し、訴訟を経て就学を認められた谷口明花さん(12)=同町阿知賀=が3日、初登校した。谷口さんは教師らに迎えられ、希望に胸をふくらませていた。

 同町教委は、学校内は階段が多く、車いすで教室などを行き来するのは危険として入学を断っていた。谷口さんと両親は入学許可を求めて奈良地裁に提訴し、同地裁が仮の入学許可を義務づける決定を下したのを受けて同町教委が就学を認めた。

 母親の美保さん(45)とともに同中学校の通用口に現れた谷口さんは、出迎えた教師らに「待っていたよ」などと声をかけられ、うれしそうな表情で校内に入っていった。美保さんは感極まった表情で、「ありがとうございます」と何度も頭を下げていた。

 谷口さんの登校を受けて開かれた臨時の全校集会で、本田好市郎校長は「驚くほど頑張り屋さんでつらいリハビリも勉強も頑張っています」と紹介。谷口さんも約200人の生徒を前に、「よろしくお願いします」とあいさつした。谷口さんはさっそく、オリエンテーションを受けるなどした。

関連情報

脳波で動く車いす トヨタと理研開発

安価な階段昇降装置


ピロレーシング車椅子レインコート




       リハビリ ブログセンターにほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

COMMENTS

親方日の丸
オメデトー!(^_^)/。・:*:・゜★,。・:*:・゜☆

ビビ☆━━━━━…‥‥(・_・ヽ)オメデトポチ!

ランキング1位♪⌒ヽ(*゜O゜)ノ スゴイッ!!!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

こんちゃ~

1位爆走中、、( ゜Д゜) ス、スゲー!

No title

これは、国の無駄遣いから見ると僅かな金額なんですよね。
勉強したいと言う子を投げやりにしないで欲しいですね。

No title

ケンケンさんこんにちは
これもあるアクセスアップ方法の結果なのです。
後でまとめてメールしますね。

おさむ師匠
ゼネコンにとっては無駄じゃないんでしょうね。

下中の皆様
人のうわさも75日、今は変に注目されて戸惑っているでしょうが
夏休みが終わる頃には平常運転だと思いますよ。

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。