スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<脳卒中>急に顔がゆがんだ すぐ119番…歌で症状覚えて早期治療を

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090608-00000002-mai-soci

yugamu129.jpg
変だなと家族が思っても重要に思わず
脳卒中が重篤になる場合が多いようです。

私も虚血が直ったときに病院に行けば良かったのですが
ほうっておいたので梗塞になってしまいました。

異常なのに見過ごされやすい
脳卒中の典型的な症状を
軽快なアップテンポの曲にのせて広めて
早期治療に役立てようとする歌です。

今日とくダネで紹介されたので
覚えている人も多いでしょうが
幼児や小学生に流行ったら
助けられるおじいちゃん、おばあちゃんもいっぱいるでしょうね。

引用Yahoo!ニュース

 「おばあちゃんがテレビを見てたら急に顔がゆがんだ すぐ119番」??。脳卒中の症状をまとめ、迷わず救急車を呼ぶよう呼びかける歌「愛する人を救うために(脳卒中になった時)」を、救急医や看護師らで作るNPO法人「救急医療の質向上協議会」(埼玉県越谷市)が作った。協議会は脳卒中の早期発見に役立ててほしいとしている。



 脳卒中は寝たきりの原因として日本で1位だが、発症後3時間以内に治療を始めれば、回復率が高まる。病院での治療準備に時間がかかるため、発症から約40分後までの119番が望ましい。



 このため、歌詞には、気づきやすい特徴の「顔がゆがむ」「手が上がらない」「言葉がもつれる」を盛り込んだ。どれか一つでも生じた人の約7割が脳卒中という。



 だが、症状を我慢し翌日以降に病院を訪れる患者も少なくない。協議会は市民が理解しやすい手段が必要と考え、歌を作った。作詞は柴幸夫さんと物井洋介さん、作曲は物井さんが担当した。協議会代表理事の池上敬一・独協医大越谷病院救命救急センター長は「歌って覚え、ためらわず救急車を呼んでほしい」と話す。



 歌は症状が分かるアニメと共にホームページ(http://www.simclub.jp/)で公開し、DVDも制作した。問い合わせは越谷病院内の協議会(048・965・1111)。【高木昭午】



【関連ニュース】

西城秀樹:脳卒中でうつ状態に「子供の寝顔に癒された」

脳卒中予防のために

脳卒中:親友なき「孤独な酒」 リスク2倍 厚労省調査

北朝鮮:昨年脳卒中で倒れた金正日総書記の健康状態、中国が各国に「保証」

飲酒:がんの原因なのか 脳卒中のリスクは上がる




高血圧・血糖値が気になる方へ



       リハビリ ブログセンターにほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。