スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リハビリはいつまで

リハビリテーション病院に入院中のこと

かなり良くなるまで入院して
リハビリを受けられると思っていました。


12月頃になると私よりも
前に入院している人は大分退院して行きました。


単純に良くなったんだろうな
と思っていたのですが


一冊の本からそんな事はないと
思い知らされました。


いつものように別の病棟の雑誌置き場を
漁っていると読み応えのある一冊を見つけました。


文芸春秋 2006年7月号です。


その中の多田富雄東大名誉教授 著
リハビリ患者見殺しは酷い、です。


この記事によりリハビリ治療は
最長で180日という事を知りました。


さらに高次脳のない私は150日と知りあせります。


私は発症当初の急性期からリハビリを受けられて
多田教授よりは恵まれています。


ですが、その当時OTは肩のマッサージ中心で
ペグ等の麻痺手のリハビリはしていませんでした。


そのうち籐で籠を作ったりのリハビリをすると思っていましたが
後、期限まで一ヶ月しかなく
手のリハビリはあきらめざるを得ませんでした。


さらに3ヶ月を過ぎると診療報酬がガックリ下がり
3ヶ月で放り出される患者も今は多いでしょう。


現在は1ヶ月に13単位(1単位20分)可能になったはずですが
リハビリ再開したという話は聞いた事はありません。
今行っている市立病院のリハビリの窓口には
いまだに150日まで、の張り紙がしてあり無理っぽそうです。


でも実際退院してからの方が麻痺手の
稼動域は増えました。
(これは整骨院でのPNF治療が良かったと思います)
CI療法では期間はあまり重要視されていないようですし
病院での受け入れの態勢が整ってほしいものです。


隣の旦那さんはディケアに行っていますが
夏に歩くときにつま先を地面にこすりつけて歩いており
明らかに歩行状態は悪化しています。


実質のリハビリ再開はなされていない物と思います。


これも構造改革で診療報酬が引き下げられたおかげです。


無駄を削れ削ればかりでは、
文句の来ない利害関係のあまりない弱い所から
削らるのはあたりまえです。


削れ削れだけでは、駄目だ駄目だの野党と一緒です。
ここは誰でもリハビリが必要な体になるかもしれないのですから
国民が調査、支障がないか(その組織当事者の支障は除く)
精査検討してここを削れと指摘するようにならないといけませんね。


今日は父親の誕生日、妹がケーキを作ってくれました。
甘さを抑えたいくらでも食べられそうなおいしいケーキでした。


今日は昨日雨降っていたのに
朝起きると白一色でした。
P1070079800.jpg


           リハビリ ブログセンターにほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

Tag : リハビリ 診療報酬

COMMENTS

No title

綾香さんいらっしゃいませ
このネタには反応してくれると思いました。
召還成功です。

えっ!

(^_^;)まだコメント書いてないのにびっくりです(笑)
介護報酬の改正みましたか?
少し出てますがまだまだ難解です。
1時間以上2時間未満で通所リハができるようですよ。
でもやはり要介護1~のようです。
認定の内容って全然わからないのですが、要介護になるようにうまいことやってください(;^_^A
でも通所リハをすると、araraさんが楽しく行ってらっしゃる(ように見えますがどうなんでしょう)リハトレクラブってやつは多分いけなくなるんじゃないかと・・・。

13単位のは使えてる方は聞きませんね。
これも介護保険での適切なリハビリ先がない方むけに創設されたそうなので(40歳以下ははなから無視のようです)おそらく春の短時間通所リハ創設で廃止の方向にいくのではないかと。

No title

あと、今は脳血管疾患のリハビリは150日になったんですね・・・。
私の時はたしか180日で除外疾患もなく全員打ち切りでした。
なので日数制限が出来る前からリハビリをしてた多田さんは日数制限が開始された(2006年)4月1日発症と同じとみなされ、そこから180日で打ち切りになったんです。
たしか当時は介護保険ではデイケアのみで、今のように介護予防のトレーニングもなかったんじゃないかと思います(もともと年齢が届かなかったので良くわかってませんが・・・)。
でもその後の改正で高次納期脳障害(→失語)のSTは医療保険で継続可能、介護保険ではデイケアと併用も可能でした。
その後さらに、医療保険と介護保険の併用不可になり、デイケアと併用されてた方はすでに介護保険を利用してるということで選択することもできずにSTを打ち切りになってました。
このあたりは次々に改正されて無茶苦茶です。
当時、高次納期脳障害は除外疾患になり日数制限から除外されてたのですが(ただし高次納期脳障害だけなので身体の麻痺があっても高次納期脳障害のみのリハビリしかできませんでした)今は高次納期脳障害があって180日なんですね・・・。
ここ数年、ころころ変わりすぎてなかなかついていけないし、リハビリ難民をなくすとかいう名目で改正されてますが、改正のたびに事実上はリハビリ出来なくなる方が増えてたりしましたね・・・。
重症で自宅復帰が出来ない方なんかは障害者病棟も脳卒中は除外されたりなんかして、本当に行き場がないですよね。
次の介護保険での短時間通所リハも落とし穴がなければいいのですが・・・。

No title

綾香さんいつも有益な情報ありがとうございます。
リハトレは数少ない要支援の自分が行ける介護予防なので貴重です。
でも要介護には足を折らない限りならない予定ですので
今回の改正も私には洋ナシです。

せめてリハはしなくてもいいけど自主トレ用のメニューはほしいです。
自分勝手にやって弊害があってもいけないですから。

介護施設の療法士もリハだけやるわけには行きませんでしょうし
病院よりも長続きしないでしょうね。
特にリハに意欲的な人ほど。

ぜんぜん話は違うけどリストラされた人を介護人で雇って
住む所付で全国に配置したらいいのにな。

No title

情報があってるのかわからない部分も多いので、リハトレクラブを辞めてでもPTやOTによるリハビリを希望されるのでしたら、一応、詳細はケアマネさんとかに確認してみてくださいね(^_^;)

追記

いつもいつもコメント入力してしばらくたってから、あれも書けば良かったかな・・・と思ってしまいます(苦笑)
連続すみません(;^_^A

骨折しない限り要介護にならない・・・というレスでしたが、araraさんと同じ1種2級のプリモさんという東京にお住まいの若い女性の方(もう発症3年目くらいだったと思います。右麻痺なので数ヶ月前まで医療保険でリハビリを出来てました)がですね、要介護2だと言ってました。
で、要介護の場合はararaさんのような介護予防の訓練を受けれないのか(お預かりのデイケアのみになるんでしょうか)、デイケアは行っても仕方ないので何もしてないようです。
なので、araraさんのケアマネさんはもしかしたらそれを考えて要支援にまで落としてるのかもしれませんよ。
それと判定の内容もかわったとかって聞きましたよ。
前は「電話を利用することが出来る」とかだったのが、それがなくなって「買い物が出来る」とかが追加になったようです。
詳しい内容までは知りませんが・・・。

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。