スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

障害者?の娘の入浴介助者は男性 差別の声集め条例づくり

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081216-00000016-ryu-oki

娘の入浴介助者は男性 差別の声集め条例づくり


 「娘のいた宿舎で入浴介助者が男性。性が守られていない」「金融機関での手続きで代筆は駄目だと言われ、障害を説明しても拒否された」―。「障がいのある人もない人もいのち輝く条例づくりの会」(新門登、岡島実共同代表)が県内各地で実施した差別についての意見交換会で、障害者らから悲痛な声が上がった。

 「しょうがいしゃ差別を考えるシンポジウム」(全国自立生活センター協議会主催)が09年1月17日午前9時から、宜野湾市の沖縄コンベンションセンター会議場で開かれる。問い合わせは「いのち輝く条例づくりの会」098(890)4890。



記事では娘さんは障害者と書いていませんが、
流れからいうと若い女性の障害者のように思えます。


男性介助者も見たくて入浴介助しているわけではないでしょうが
職員の人数シフトによるところもありますし


傷害の程度が不明ですが、寝たきりの場合
ストレッチャーから寝たきり用の仰臥状態で入れる
浴槽に移すときは患者を抱いて移さなければならず
女性介助者では大変な所がありますので
事情をもっと詳しく聞かないと一概に施設が悪いとも言い切れません。

本人よりも家族が心配している感じです。


それもですが、私がリハビリテーション病院に入院していた時は
入浴介助者は女性でした。
これは逆セクハラにあたるのでしょうか?
(既婚者の方が多かったですが、寝たきりの方は看護師がしていた)


傷害に対する差別を声高に叫んでも聞き入れられるのは
健常者社会に余裕がある場合だと思います。


昨今の経済状況だと健常者でも
生きていくのにギリギリになって行くと思われ
ますます障害者は置き去りにならざるをえないと思います。


だからといって座して死を待っている訳には行きませんので
健常者との共存の道を探らなくてはいけません。


でも「苦しいときほど、弱いものを思いやる人はかっこいいな」
とも思います。


こんな風潮になればいいですね。


           にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

Tag : 障害者 差別

COMMENTS

No title

2人だけなら問題ないと思いますけどね。
沢山入っている場合はやはり問題はありますけど。

No title

個室で2人きりの方がヤバイと思いますよ。
大浴場でブランブランした中で平気で入浴介助していた
おばちゃん達、強いよなー

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。