スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

装具の話

リハビリテーション病院に転院した時は
左足に力も入らず直立で立てもしませんでした。


最初の装具はダブルクレンザックという
厚い皮製のサンダルに鉄の支柱で
ふくらはぎを支えるごつい物でした。


しばらくして周辺の細胞が働き出したのか
杖と装具で歩行できるようになりましたが
裸足ではロック(過伸展)で膝が固まりうまく歩けません。


そんな中、理学療法士の高橋君が進めてくれたのが
ゲイトソリューションでした。
ただ新しい物を使ってみたかっただけかもしれません^^
P1070058800.jpg


ゲイトソリューションはチタン製の軽量支柱に
プラスチックの前当てにもっとも重要な
底屈を制限する油圧機構がついています。
(コレだけで5万円位するそうです)


なにより一目ぼれしたのは
SFチックでありミリタリー風味もあるそのデザインでした。
前当てがオレンジのもありますがさすがに遠慮しました。


しかし最初にデモ用を借りた時は
ダブルクレンザックでは押さえていましたが
ロック(過伸展)が酷くゲイトソリューションでは
押さえ切れませんでした。


それから数ヵ月後にボバースの教授の直接訓練により
3分でほぼロック(過伸展)無くなり
ゲイトソリューションが使用可能になったのでした。


品種は大分少なくなりますが
市販の靴が履けるのはとてもありがたいです。


今になって思いつきましたがコレなら靴と装具の問題は解決です。

バックプロテクターがふくらはぎを効果的にサポートできるでしょう。
底屈制動が弱い気もしますが

装具のデザインも
こんなのだったらいいね。
装具メーカーさんコラボしてちょーよ。


本日雨で歩いていません。
PPCサイト一個作っていました。


           にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ人気ブログランキングへ


スポンサーサイト

Tag : リハビリテーション 理学療法 装具

COMMENTS

No title

とにかく福祉道具は、
高くて重いのが多いですからね。
使いやすさやその人に合ったのを第一に考えて欲しいですよね。

No title

おさむ師匠こんちは
補助があるからこそコストが安くならない気がします。

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。