スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リハビリ行脚 トトロの里へ その3 新潮社記念文学館

リハビリ行脚連載

リハビリ行脚 トトロの里へ

リハビリ行脚 トトロの里へ その2 角館駅前

スタンプラリーまず始めは
観光情報センター(角館駅前蔵)
スタンプ帳をもらってすぐに押します。
これは挿絵とスタンプ(ジブリ映画の題名)が
マッチングするようになっていて気が利いています。


観光情報センターは
ハウルの動く城でした。


それから内陸線角館駅駅舎で
千と千尋の神隠しのスタンプを押します。


お次は新潮社記念文学館です。
P1060870800.jpg


なぜ大きな会社の文学館が
こんな田舎にあるのか不明ですが


角館駅前からまーーすぐ10分ほど歩いて
ちょいと左折すると武家屋敷の向かいにありました。


スタンプは入ってすぐの所にあり
スタンプ帳の記念文学館の所に押します。
もののけ姫です。
ちなみにリハトレの新婚さんはおのろけ嫁と呼ばれています。


ここでは吉永小百合さんと男鹿さんのコラボの
原爆詩朗読CDの挿絵が展示されていて
第二楽章と呼ばれています。
沖縄戦の戦争童話集の「ウミガメと少年」の挿絵もあります。
P1060883800.jpg


展示場入場のために共通入場券700円を
買いました。平福美術館でも使えます。
P1060871800.jpg
受付にあったトトロの紙細工
ネットであるらしいのですが探せませんでした。


ジブリとはまた違った明るい色調なのですが
悲しみの色をたたえています。


特に原爆雲の絵は容赦ないパワーを感じます。


写真を撮ろうかと思いましたが
こんなのを見つけましたので
止めときました。
P1060885800.jpg


その分記憶に留めるように
ジーーーっクリ見ました。


新潮社独自の映画を視聴できるスペースもありましたが
時間が無いのでパスしました。
P1060873800[
新潮社のマスコット「yonda!?」のジオラマ
廻りの人形を使ったアニメーションがあるらしいです。


本日の歩数5307歩  距離約2.38Km


           にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ人気ブログランキングへ







スポンサーサイト

Tag : リハビリ行脚 角館 男鹿和夫

COMMENTS

No title

新潮社記念文学館でも楽しまれたようですね。

No title

おさむ師匠こんにちは
楽しんだというよりも学習したといった感じでした。

今回の特設展示だけじゃなく、常設の東北の文人マップも興味深いものでした。

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。