スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボバース2(ロックが治った!)

リハビリテーション病院に入院していたときの事
ボバースの講習会に治療だといい含められて
実験動物にされている時の続きです。


療法士さん達の目に晒されながら
上半身を脱ぎ肩の治療の開始です。


まず肩の治療をするのに腰や背骨辺りから
伸ばし?て行きます。
しきりに体幹を開くと言っていました。


紹介が遅れましたが
診てくれた先生は
岩手の有名なセンセだそうです。
おもろいセンセでした。


ところがセンセパンツの中にも手を入れて
しきりに撫で回します。


「センセってテクニシャン」と言おうと思いましたが
あらぬ趣味を持っていると
勘違いされるのは嫌だったので
言わないでいましたが
受け狙いで言うべきだったか。


実はこの2?3日前に
また左肩をゴリゴリしてたら
パコっと嵌った感じがして痛くなくなっていたんです。



一応肩の講義が終わり
最後にロックの事を言うと


足首を取り前後に歩くように数度
動かされまして歩かされると

ななななんとロックしないで歩けるようになったんです。

クロウトゥーが起きて親指を床に擦り付けて
熱くなったことが印象的でした。
でもうれしくて親指を床に擦りながら
パタパタ何度も往復して歩きました。

※クロウトゥー(鳥が枝にとまっている足の指のようにつま先が曲がってしまうこと)


それと不謹慎ですが他所の療法士さんに比べ
私が入院している病院の女性療法士さんの
容姿レベルが高いことがよーくわかりました。


翌日U橋理学療法士と「キャバクラ●●●←病院名にしたら流行るな」
なんて馬鹿なことを言っておりました。


本日の歩数5084歩  距離約2.28歩


           にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

Tag : リハビリテーション 理学療法 ボバース

COMMENTS

No title

こんにちは!
ホバーズ良かったみたいですね。
前にテレビで放送した「闘うリハビリ」にも大阪のホバーズ病院が紹介されてましたよね。
息子も一度連れて行ってみたいと思っています。
それにしてもパンツの中に手を入れて何をしたんですか??^^;

No title

突然のコメント失礼致します。
勝手ながら私どものサイトからこの記事へリンクをさせていただきました。
http://sirube-note.com/physical-therapist/

もしよろしければ、こちらのページより相互リンク登録もしていただけましたら幸いです。
http://sirube-note.com/physical-therapist/link/register/
現在のページからのリンクは一定期間の予定ですが、よろしくお願い致します。
(自動書込のため、不適切なコメントとなっていましたら申し訳ございません)
token:gYtAb8CT

No title

KUROROさんおこしやす
パンツの中に手を入れていたのは腰から大腰筋をどうにかする為だと思います。

決してお兄さん初めて?なんて聞かれてませんよ。

No title

もし良かったら相互リンクしませんか?
よろしくお願いします!

No title

療法士は我々の知らない勉強していますからね。

No title

おはようございます。
リンク完了しました。
今後ともよろしく御願いします!

No title

おさむししょーおはやう
いろんな技を持ってますね。
目からビームとか鼻からビールとか
違うかぁ~

ボバース…

私とSAIさんが入院してたのが大阪のボバースです。
ボバースは触るのが基本なんで服に手を突っ込むのや、裸足、男性は上半身裸は普通です(;^_^A

あと、KUROROさん。
あそこは入院しかないんで、脳性マヒ児(生まれつきの障害)しか外来リハビリはありませんし、日数制限云々ありますので私の知る限りは診てもらうのは難しいと思います。
あれはテレビ兼、あのリハ医の先生の勉強を兼ねて特別にみてもらえてるんだと思います。
ついでに言えば、あのテレビでのことは入院してた私もSAIさんもやってもらってません。

テレビのように、ただ、なにか特別なこと(症例として研究中の事例だとか、コネとか、運とか)があれば診てもらうのも可能かもしれませんが(;^_^A
こういう理由から直接いってもかなり難しいので、ダメもとで先に電話して聞いてみるのが良いかもしれませんねー。
ただ、有名だからって一回でそんな改善したりはしないはずですので…通所リハはありませんので良く考えてみて下さいね。
駅から遠いですし、何が原因でどこまで後遺症があるのかとか、どのような後遺症があるのかとか、どこにお住まいなのか存じませんが遠方につれていきのは体力を消耗しますから。
あともしかしてSTなら人数が少ないので余計に無駄足になる可能性があります。
脳血管疾患の入院患者でも生命に関係する(燕下障害とか)人やコミュニケーションに問題のある人(失語とか)だけ受けれる状況ですので…。

先ほどのに付け足しをしたいと思ったので連続で失礼します(;^_^A

駅から遠い←この発言は、私のように下肢障害がそれなりにある人向けの発言です(;^_^A
普通に歩けるならそんなに遠いとは感じないかも、です。
だいたい…片道1~2キロくらいかと思います。
私にはかなり遠いのでつい…(^^ゞ
あと、診てもらうならリハ医ではなく(テレビでご覧になったでしょうけど、あれって患者が診てもらうって言うのではなく、ドクターの研究に患者が協力してるだけですので)araraさんのように療法士さんに診てもらうのが良いと思いますよ。
で、araraさんのように療法士さんも一緒が良いと思います。
患者や家族とはいえ素人が聞いても限界のあることですし、先ほども書いたように1回リハビリをやってもらって終了では意味がないですから。
担当療法士さんに一緒に勉強してもらうのが一番いいです(^^)

No title

綾香さんお久です。
詳しい解説ありがとう。
森之宮とNHKのサイトでみて、あーSAIさんの記事に良く出てくる病院だと思っていましてうまくいけばSAIさんか同じ病院に入院した綾香さんの※もらえるかなと思っていたところでした。
ところで別でもいいですのでブログ再開してほしいなぁ

再開ですか…

あそこはお悩み相談所になってしまったらまた大変そうなので再開は多分しないです(;^_^A
AVMが再発でもしたらするかもしれませんが(縁起でもない(;^_^A)
今年の検査では無事に合格できました(^^)

テレビ番組とかって日数制限云々や医療費には触れないので誤解を招くことが多々ありますね。
リハビリに関して言えば、日本にはフリーアクセスは無いです。
みては貰えないのが大半ですから…。
あの病院に入院してましたし、あの番組は誤解を与えるなぁと常々思ってました。
入院リハビリにしても発症2ヶ月以内でしか回復期リハビリ病院には入れませんし、あの病院は統計では患者さんの平均は発症3週間で転院してきてるんだそうです。

病気や後遺症があると必死ですから情報が良いようにしかみれないんですよね。
この一つ前の記事の書籍の著者になってる、きい先生にも一度みてもらいましたが普通でしたよ。
ゴッドハンドに一度みてもらえば完治する方法を教えて貰えるように思う人は多々いますね(;^_^A
夢を挫くようですが、さすがにありえないです。
同じようにAVMの手術で有名な病院があるんですが、そこも皆さん『手術で後遺症を治して貰える』と誤解するようで(;^_^A
あとは再生医療にも夢をみてる方がたくさんいてますが、そうなればいいなー、とは私も思ってはいるんですけどね(笑)
そんな医療ができるのは100年後くらいかしら(;^_^A

No title

綾香さんありがとうございます。
ボケ日記おもろいのに チェッ
私は発症当初から意識だけはクリアだったので、あれはボケの疑似体験出切るいい記事でした。
お悩み相談所になるくらい読者がつけばいいなぁ。
いっそのこと掲示板開設したら?FC2なら簡単だし

そうそうこの一連のコメントを埋もれさすのはもったいないので記事にしてもいいですか?
ってお返事なければ強制的にしちゃうと思いますけど。
よろしくね。

あー…えっと…

さして万人に有益な情報でもないのでこのまま埋もれさせてください(笑)
KUROROさんが、あの病院にお子さんを連れていきたい、とあったのでKUROROさんにだけの情報でした(;^_^A
決してリハビリや他の治療を否定してるのではなくて、様々な情報に過剰すぎる期待はせず(必死だとつい歪曲して良いように受け止めてしまいがちですから)長くリハビリを(終了になっても自主トレのリハビリも含めて)頑張っていきましょう、と言いたいだけですので(;^_^A
勉強熱心なセラピストに廻り合って、出来るだけ長く(期間も時間も回数も)受けれるように努力するのが一番良いと思いますので。
と、いうわけでKUROROさんに読んで貰えてるのかわかりませんが(苦笑)このまま埋もれさせてくださいね(;^_^A
こういうデリケートな事はおおっぴらに書くと何故かアラシが来ますし(・・;)あの病院の情報を書いても脳血管疾患(脳卒中や脳挫傷だけでなく中枢神経の障害を受けた方全般ですが)の大阪市に転院できる方にしか役に立ちませんしね…(苦笑)

No title

残念ですが了解です。

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。