スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

身体障害者手帳申請猶予期間について

障害者の備忘録の身体障害者手帳の申請猶予期間についてご意見がありましたので今日はそれを記事にします。

私が発症して初診が8月30日で身体障害者手帳の受付日が平成19年12月20日になっていますので私の場合は発症後3ヶ月過ぎに申請している事になります。
また、退院が1月27日ですので、発症から5ヶ月しか経っていませんが身体障害者手帳も要介護認定もおりていました。

発症後3ヶ月と書いたのは、ほぼ脳血管疾患の入院患者全員に渡される医療ソーシャルワーカーさんの書類にあったからなのです。
P10606118001.jpg

身体障害者福祉法
http://www.houko.com/00/01/S24/283.HTM
を見ても特に猶予期間については書いてありませんし、
(1997(平成9)年以降の法律・政令・条約 と すべての規則・府省令・告示 が有料となっておりますので1997年以降改正されている可能性はあります。

障害者手帳についての疑問です
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1212267197
を見てもはっきり決まった期間というのはないような、いわゆる慣例としての期間があるというだけのような気がします。

私のいたリハビリテーション病院は障害者申請の多い病院=実績のある病院なので猶予期間が短いのかも知れません。

病院ではなく猶予が短い県だっただけってのが可能性が高いです。
(ちなみに入院した県も自分の県もとても脳卒中の発生件数の多い県です。)

ただし、ペースメーカーや四肢欠損の場合は障害が良くなったりする事はないので傷がもとで死亡に至らないと判断された時に申請可能なのはそうだと思います。

本日は日曜日なので明日にでもソーシャルワーカーさんに電話してみます。


障害者の備忘録には「3ヶ月は個人の体験によるものです」「地域や申請する病院、障害となる部位により猶予期間が違います」と明日訂正しておきます。

本日の歩数5599歩 距離約2.5Km


           にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

Tag : リハビリテーション 身障者 身体障害者手帳

COMMENTS

No title

僕は身障者手帳は中々認めてもらえませんでしたね。
役所からは、今では信じられない「もっと悪くなってから書類とりにきてください」でしたね。

No title

おさむししょーの場合は病気も認めてもらえないくらいでしたものね。

ここを読んだらもう少し認定が早く出来ていればもう少し症状が軽かったのにと悔しいです!http://www13.ocn.ne.jp/~b12/tahatuseikoukasyou.html

前例があまりないものは役所は冷たいですよね。

今日知り合いの奥さんと話したのですがなんとも言えない症状で具合が悪くなっていて、MRIを見ても成形科を受診してもなんともないといわれているので神経内科受診をすすめてみます。

No title

山村先生のような文献出たのは、
ここ最近でしたからね。
当時は中々苦労しましたよ。
神経内科と言うのが少ない時代でしたからね。

No title

一番最初のブログから読んでみましたよ。
ずっとシリアスな話で読み応えがありました。
今のはっちゃけた芸風が深いのもわかります。
ってそういうことじゃなく全身の神経が免疫機構に攻撃されて全身歯痛のような痛みなんて自分には耐えられません。

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。