スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

介護用具の負担が少なくなる

10月1日より居住地域の
介護保険制度特定介護福祉用具購入費の
支給方法が変更になり、

従来のいったん全額自費で払ってから支給を待つのではなく
購入時に1割の負担でよくなりました。

特定介護福祉用具は
腰掛け便座や入浴補助用具等
排せつや入浴に使われる用具を購入した場合
要介護度にかかわらず。

年間10万円までの
費用を対象に9割を介護保険より支給する。

大きなものはトイレや浴室のリフォームでしょうか
うちの市では年間3000件あるそうで、
かなりの人が助かると思います。

私はしばらく使うことはないかな?

でも、こんな風呂はほしいかも
リハビリうさぎ風呂


       リハビリ ブログセンターにほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

介護報酬改定が大変な事に

4月から施工される介護報酬改定ですが
噂では報酬が若干上がるとの事ですが
実はもっと大変な事になっていました。


私が通っている介護予防サービスリハトレくらぶですが
整骨院と併設(経営は一緒)されています。

3年に1度の介護報酬改定
今回の改訂で現在整骨院の先生に
PNF等でしてもらっていた個別機能訓練が
機能訓練指導員の専従が必要となり
兼任が認められなくなりました。


現在でも一人病気で辞めましたのでただでさえ人手不足なのに、
柔道整体師、作業、理学療法士などの
資格を持った人が介護施設の格安給料で働いてくれるわけもありません。


おかげでリハトレくらぶは介護保険から脱却し
整骨院事業の一環として営業する事になりました。


整骨院事業とはいっても麻痺や常時疼痛は
健康保険は適用になりませんので実費と言う事になります。
(適用外というのは整骨院の先生から聞きました)


現在5000円弱の自己負担ですが
リハトレくらぶ側は現在の料金で現行サービスをすると言ってくれています。


単純に考えて1割で5000円弱ですから
残りの介護保険での報酬5万円弱が一人当たりの収入が無くなります。
本当はサービスを廃止してもおかしくはないのですが
存続してくれるのは感謝です。


リハトレくらぶに行って出来るようになった事

痛くて水平より上に上げられなかったのが
健手で引っ張り上げるのが必要ですが垂直までいけるようになった。

床への立ち座りが出来るようになった。

その他関節痛が少なくなり
痛みが発生しても治療してもらえる安心感がある。

と、QOL向上に役立っているリハトレ


うちの所だけじゃなく介護保険事業を辞める所も
いっぱいあるような気がします。


それだけじゃなく介護予防サービスを廃止する所も
かなり出てくるでしょう。


派遣業者の不正から厳しくなった介護事業。
患者不在の改定ですね。


それにこちらの地域では3月17日に決まって
4月1日に試行と、まず無理なスケジュール。
なにやってんだか。


       リハビリ ブログセンターにほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ人気ブログランキングへ

リハビリ介護実践「麻痺患者の立たせ方」

実はうちには脳梗塞で片麻痺になった叔母がいました。


過去形なのは亡くなったから、発症後14年でした。
ですので私の脳梗塞というか高血圧も遺伝です。


最初は歩行できましたが、10年過ぎたあたりから
歩けなくなりました。


リハビリもしていなかったから仕方ないですね。
その時のソファーから車椅子へ何百回と
移譲させる時に使った方法です。
(私も一日何回もしました)


今日お伝えするのは介護歴14年の母親直伝
「麻痺患者の立たせ方」です。


介護で患者を力で立たせようとすると
体重が軽いお年寄りでも結構負担がかかり
腰や肩を痛めます。


この方法は患者も楽にですが介護人の
体にも出来るだけ負担がかからない方法です。

麻痺患者の立たせ方

1 患者を腰掛けた状態にする。

2 患者のつま先の直前に足を置く、片麻痺なら健側の力が入る方
(滑って椅子からずり落ちない為)

3 患者を抱きかかえるようにする。
(ポイント、患者のあごを肩に乗せる)

4 患者のズボンの後ろをつかむ

5 そのまま上にではなく、後ろに体重をかけて起こす。
(倒れすぎると転倒しますのでほどほどに)

6 この時、「いーち、にーの、さーん」とか声をかけて
  患者にも力を出させるのをシンクロさせる。

7 背丈に差があるときは、途中であごを外す

8 はい、立ちました。


重要な所は立つときに後ろに体重をかける事
こうするとそんなに力を入れずに起こせます。


力だけでやるとどこか痛めますのでご注意!


車椅子移譲

これから車椅子に座らせるには180度
回らなくてはなりません。

この回転が実は一番危険です。

足がもつれて片方あるいは両方とも転倒する可能性があります。


回転するときは
「イッチニー、イッチニー」と声をかけて
体を左右に振り、足を上げやすくして
小刻みに回ると安全にいきますし
患者さんもゲームをしている感覚になり
楽しく動いてるようです。


リハビリテーション病院入院中に
リハ室でU橋理学療法士相手にやって見せたら
「学生よりもうまいよ」とほめられた方法です。


でも一度トイレで回転中に転倒させたのは
痛恨の一撃だったなー。

Tag : リハビリ 介護 立たせ方

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。